不動産の豆知識
tips

初めて引越しする方必見!1人暮らしに最低限必要な平米数ってどれぐらい?
㎡数(平米数)とは

物件資料を見ると必ず㎡(平米数)という表記があると思います。この表記は広さを表す数値ですが、実際にこの数値でどれぐらいの広さかイメージできる方はほとんどいないと思います。今回は1人暮らしの方がどれぐらいの平米数の物件に住めば良いかを解説したいと思います。

基本的な事ですが、平米数とは㎡と記載されます。mの二乗となっていますので表記通りm×mを意味します。すなわち1㎡の広さとは縦1メートルと横1メートルの正方形の広さを意味します。実際にこの数値だけを見て、広さをイメージできる方はほとんどいないと思います。日本では、部屋の広さの話をするときに畳(帖)という単位を利用しますので㎡数を畳に換算してみましょう。

畳の製品によって若干大きさが異なりますので、ここでは一般的な畳の広さで計算します。
1畳=1.6㎡と一般的には言われていますので、洋室6畳だと6畳=9.6㎡となります。 すなわち約10㎡で6畳ぐらいの広さをイメージすればOKです。なんとなくですが、平米数の広さのイメージが出来たのではないでしょうか。

20㎡が1人暮らしの基準

では、実際に1人暮らしをスタートする方には、どれぐらいの平米数があればよいのでしょうか? 人によって求める広さはそれぞれだと思いますが、最低限の広さを考えると、洋室6畳は必要になると思います。洋室が6畳にキッチン・風呂・トレイ・洗濯機置き場・冷蔵庫置き場・調理スペースなどを考慮すると、20㎡というのが一つの目安になると思います。

20㎡あれば、洋室とキッチンスペースがドアで分かれている1Kタイプの間取りで設計できます。また、風呂とトイレを別々にして、調理スペースも2畳程度は作れるはずです。室内洗濯機置き場に冷蔵庫もキッチンスペースに納める事が出来るので、文句なしの快適な1人暮らしがスタートできます。

しかし、実際に20㎡の1Kタイプを都内で探すと家賃が7万円前後必要になります。どうしても家賃6万円前後で抑えたい方は、18㎡程度の1Kタイプもオススメです。 この広さになると、いくつか妥協ポイントが出てきます。まず、風呂とトイレのセパレートは諦めましょう。3点式のユニットバスにする事で、少しだけ水回りの広さが圧縮できます。また、キッチンスペースも2畳程度から1.5畳程度になります。

さらに家賃を抑えたい方は、1Rタイプの16㎡前後の物件を視野に入れてみましょう。おそらく1人暮らし出来る最低限の広さが16㎡になると思います。この場合はキッチンスペースと洋室を分ける事が出来ませんので、洋室の中にキッチンが設置されている1Rタイプになる事がほとんどです。また、洋室が5帖程度になる事もあります。身軽な単身の方の場合は、何とかこの広さでも生活する事が可能です。

平米数を理解して部屋探しの精度を高めよう

まれに間取りの表記が極端に㎡数とずれている物件です。例えば18㎡しか広さが無いのに1Kタイプで洋室が7帖ある物件などは、明らかに水回りのスペースが狭くなっています。場合によっては洗濯機置き場が外にあったり、洋室が7帖無かったりといろんな不具合が出ます。 ㎡数の広さでどの程度の間取りが設計できるかを理解しておくと、部屋探しが格段にスムーズになります。

㎡数を意識しながら、自分自身がどういった設備が必要かをしっかり検討して部屋探しをすると、自分にあった最適な部屋探しが出来ます。これから部屋探しをスタートする方は、間取りの形や広さばかりではなく、㎡数の数値も意識して部屋探しをしてみましょう。

お問い合わせ

部屋探しで困った事や分からない事がありましたらいつでも何でもお気軽にご相談ください!

JR池袋駅から徒歩4分!

03-6914-3720

03-6914-3720

東京都豊島区西池袋2-40-1-1F

定休日 水曜日  営業時間 10:00~19:30

上に戻る 上に戻る