リブスター不動産 > リブスター不動産の豆知識 > 入居審査の基準とは
理念

入居審査の基準と方法

部屋に入居する際は入居審査が必要になります。 今回は入居審査の基準や審査の方法などについて少し詳しく紹介しようと思います。

まず、入居審査の目的は、入居者が毎月家賃を払ってくれるかどうか判断する事にあります。したがって入居希望者の勤務先や引っ越し理由、保証人情報などを細かくチェックして判断します。

入居審査の種類は大きく分けて3つあります。 誰が審査を行うかによって、その審査基準が微妙に変わってきます。
・オーナー審査
・保証会社の審査
・管理会社の審査

審査の特徴と対策

それぞれの審査には特徴がありますので、誰が審査をするのかを把握する事は審査結果を予想する上で重要になります。

オーナー審査は、物件の大家が直接入居者を審査する事になります。 自身の物件に入居する人を判断しますので、やや厳しい審査となります。半面、申込書の内容を元に判断する事が大半ですから、個人信用情報などを参照して審査する事はありませんので、見た目良く申込書を書くことで審査通過率が変わります。審査基準の特徴としては、収入面より入居者の社会的信用を重視する事が多く、低収入でも公務員や大企業勤務の方を優先する傾向にあります。

保証会社の審査は、客観的な審査基準により判断されるため、結果を予想する事がオーナー審査よりも簡単です。賃貸保証会社は何社か存在しており、その審査基準には特徴があります。 信販系の保証会社(オリコ・リクルート・SBI・ジャックスなど)は個人信用情報機関の情報・勤続年数・年収・年齢などの要素をもと審査結果を出します。 信販系以外の保証会社(JID・新日本信用保証・日本セーフティーなど)は信販系の保証会社より少し審査基準が甘くなっており、個人信用情報機関の内容を参照する事がありません。その他の審査基準はほぼ同じになります。 信販系の保証会社を利用する場合、ローンやキャッシングなどの履歴が参照されますので、傷のついている方は、まず審査に通る事がありません。何か思い当たる事がある方は、信販系の保証会社以外で審査してくれる物件を選びましょう。

管理会社の審査では、管理会社独自の判断を元に審査を行います。このケースに該当するのは管理会社が大手の三井や三菱などが多く、最も審査が厳しいといえます。オーナー審査と信販系の保証会社の審査の両方を合体させて、少し審査基準を厳しくしてあると考えると分かり易いと思います。管理会社審査の場合は、家賃も高額の事が多く、医者や有名企業などの社会的信用と安定した経済基盤のある方以外では、なかなか安定して審査に通過する事がありません。

誰が審査を行うかによって審査基準が大きく異なります。やみくもに自分で部屋探しをすると何度も審査落ちして、労力がかなり必要になる事もあります。部屋探しの前に、まずは担当の営業マンにしっかり相談した上で、審査落ちにならない物件を提案してもらうようにしましょう。

お問合せ