リブスター不動産 > リブスター不動産の豆知識 >池袋の不動産屋がオススメする池袋の住みやすい場所特集part1
理念

池袋の住みやすい住所特集

池袋の不動産屋がオススメする池袋の住みやすい場所特集という事で、今回からいくつかのpartに池袋の住みやすい場所のご紹介をしていきます。 池袋駅の周辺は、歓楽街やビジネス街など住所によって特徴がありますので、住居用としてオススメ出来る場所は実は数が少ないです。その為、池袋駅で安易に部屋探しをしてしまうと、のちのち後悔する事にも繋がりますので、どの地域が住む易いかを十分に把握した上で部屋探しをしましょう。

池袋でもっとおすすめの西池袋

では、第一回目は、池袋で最もオススメ出来る人気の場所をご紹介出来ればと思います。 その住所は西池袋周辺になります。西池袋は立教大学・東京芸術劇場・ルミネ・西池袋公園・池袋西口公園などがある住所になります。池袋の中で最も避けられるのが池袋2丁目周辺になり、この近辺は歓楽街などが多く存在しており、ごみごみした印象が強い反面、西池袋はそういった歓楽街や飲み屋などが少なく、どちらかというと落ち着いた建物が多い地域です。

西池袋の中でも特にオススメ出来るが西池袋3丁目〜4丁目の441号線沿いになります。 441号線は、近年道路の舗装工事を行い大幅に道を拡げて周辺の住宅地を整備しました。結果、都内では多くみられる建物同士が密集し過ぎているごみごみした印象が無くなり、開放感のある快適な印象の場所へと新しくなりました。また441号線沿いにお洒落で雰囲気の良いデザイナーズマンションが新築され街並み全体が洗練された雰囲気を持つようになりました。

結果として、この住所周辺だけ池袋駅の今までのイメージとは全く異なる、お洒落で開放的なイメージの街並みになり、多くの方がこの地域を希望して住むようになりました。家賃相場は池袋でも少し高めになっていますが、ルミネや西武・東武までも徒歩で簡単に行ける好立地にありながら、都内独特の密集間感や騒がしい雰囲気が無く、落ち着いた住宅街として生活する事が出来るため、非常に人気でオススメ出来る地域です。

お問合せ