リブスター不動産 > リブスター不動産の豆知識 >地域密着型の不動産屋と大手不動産屋の違いは!?メリットとデメリットを解説
理念

大手不動産の特徴

多くの方が、どの不動産屋に行っても大した違いが無いと思っていますが、実は大間違いです。不動産屋はその規模や業務の内容により、大きな違いがあります。特に提案される物件の内容が不動産屋の業務形態によってかなり変わってきますので、ここでご紹介出来ればと思います。

まず大手不動産ですが、皆さんおなじみのエイブル・ミニミニ・アパマンショップなどのCMなどでも聞いたことのある不動産屋です。また地域密着型の不動産屋はだいたい駅前に店舗があり、大きな看板などが出ています。そして地域密着型不動産と大手不動産の中間に仲介専門の不動産屋が位置しています。それぞれの不動産屋は、商売のスタイルが大きく異なります。

地域密着型の不動産の特徴

地域密着型の不動産屋のメンイターゲットは大家と不動産屋です。不動産屋の客が不動産屋というとピンと来ない方が多いと思います。地域密着型の不動産屋は昔からその地域で不動産をやっていますので、その土地の大家との繋がりが強い傾向にあります。その為、大家から土地を預かったり物件を預かったりと、基本的には管理業務が多く、その預かった物件を同業の不動産会社などに大家の代わりに販売したりしています。その為、部屋を探している方に賃貸物件を紹介する業務はある意味、片手間にやっているようなイメージになります。

次に、大手不動産会社では大家から物件を預かり管理業務も行いますし、来店したお客様に物件を紹介する仲介業務も行います。不動産屋のなんでも屋さんといったイメージです。

仲介専門店の特徴

最後に、仲介専門店です。この不動産会社は大家との直接のやりとりは少なく、どちらかという大家とつながっている不動産屋と取引をしている業者です。そして一番の業務が来店したお客様に賃貸物件を紹介する事です。

効率の部屋探しとは

では、実際にどの不動産屋で部屋を探すのが一番良いのでしょうか?
一長一短がありますが、大手不動産会社と地域密着型の不動産屋は大家との繋がりがある為、どうしても自社で管理している物件を優先的に紹介する傾向にあります。その為、お客様の希望にピッタリの物件あったとしても、まずは自社の管理物件をおすすめしてくるので、ある程度物件の目利きが出来る人でないと損をしてしまう可能性があります。

逆に、仲介専門店では、大家との繋がりがありませんので現在空いているすべての物件の中から最適な物件を紹介してくれます。そういった意味では、大手不動産や地域密着型の不動産屋よりも仲介専門店がオススメです。しかし、大家とつながっている不動産屋には稀にお宝物件と言われる非常に割安な物件が手に入る事があります。そういった物件は他の不動産屋に公開されない事が多いので、そういったお宝物件を見つけたいという方は、仲介専門店以外を回ってみるのも手だと思います。

まとめると、基本的には仲介専門店で部屋探しをした方が、希望通りの物件を紹介してくれるが、お宝物件は地域密着型や大手不動産屋の方が、見つかる確率が高いという事になります。是非、これから部屋探しをする方は参考にしてみて下さい。

お問合せ