リブスター不動産 > リブスター不動産の豆知識 >敷金・礼金ゼロゼロ物件のメリットデメリットは?
理念

ゼロゼロ物件にできるのは保証会社の存在が大きい

最近では、敷金と礼金がゼロゼロの物件をよく見かけるようになってきました。初期費用を抑えたいには有り難いゼロゼロ物件ですが、良いことばかりではありません。今回は敷金・礼金ゼロゼロ物件について知っておくべき事をご紹介します。

敷金は大家さんと入居者の双方にとってメリットのある保険金のような意味合いがあります。お互いに何か金銭的なトラブルが発生した場合でも、スムーズに対処できるように敷金はあずけておいた方が良いものといえます。突然病気などで仕事が出来なくなり、家賃を滞納する事になった場合や、退去時の修繕費を入居者が支払えないなど、ケースは様々です。しかし、そういったリスクを担保してくれるシステムが最近では登場しました。それが保証会社です。

保証会社は先程挙げたような、家賃滞納や退去時の費用清算などが入居者からなされない場合に代わりに大家に支払いを行います。したがって大家さんはわざわざ敷金を積立してもらわなくても、保証会社を利用して入居してもらえばリクスを回避する事が出来るのです。

礼金無し物件は珍しい

次に礼金ですが、大家さんとしては基本的に礼金を貰えた方が儲けが多くなりますから、ゼロにしたくはありません。しかし、礼金をゼロにする事で、他の物件よりもお得感が出来ますので入居者が決まる率が高くなります。裏を返せば物件の質に自信のある大家は絶対に礼金を0にする事がありません。

ゼロゼロ物件には注意が必要

以上の点を踏まえて、総じてゼロゼロ物件にはどんな特徴があるのでしょうか? まず、ゼロゼロ物件はとにかく初期費用が安く済むという点がメリットになります。通常の初期費用より家賃2ヶ月分安いわけですから、家賃が高い物件ほど通常物件より安く引越しする事が出来ます。 しかし、ゼロゼロ物件には注意しておかなければいけない事があります。 それは、ゼロゼロ物件は敷金や礼金がゼロという金銭面でのメリットを全面にアピールする事で入居者を集めていますので、実際の物件のクオリティが低い場合が多いです。

特に、初期費用を安くしたい方=貯金の少ない方という認識が一般的ですから大家の立場からすると、ゼロゼロ物件で集客するという事は本来の意図とは反する事をしているわけです。その理由は、入居者が集まらないという理由が大半であり、入居者が集まらないのには、物件に何かしらの問題があるからなのです。

このように、ゼロゼロ物件では、初期費用を安くできるという反面、物件には何かしらの問題がある事が多いのでしっかりを目利きをする必要があります。ただ、初期費用が安いからという理由でゼロゼロ物件に決めるのではなく、問題が無いかをしっかり確認してから物件を決定するようにしましょう。

お問合せ