リブスター不動産 > リブスター不動産の豆知識 >意外と知らない管理費・共益費の話!
理念

管理費と共益費の違い

普通に部屋探しをしている方で、管理費と共益費の違いを明確に答える事が出来る方は、殆どいないと思います。実は、不動産屋の中でもこの違いを明確に答えることが出来ない方がほとんどです。それもそのはず、実際に共益費と管理費には明確な違いがありません。当然、広辞苑などで表記されている意味に違いはあるのですが、実際の業務では、それぞれの言葉に明確な境界線がありません。大家や管理会社の独自の基準に基づいて判断がされている為、明確な違いを定義する事が出来ないのが現状です。

管理費と共益費の意味と役割

では実際に管理費と共益費の役割を考えてみましょう。多くの方が勘違いしている事があります。それは管理費・共益費が高く設定されている物件は、共有部分や外観などのメンテナンスが万全にされていて、管理会社の対応も良いと思っている事です。しかし残念ながら、管理費や共益費の金額の多寡はその物件のメンテナンス状態や入居者サポートの充実と全く比例していません。先程お伝えした通り、管理費や共益費に明確な基準は無く、当然金額などの相場も存在しません。したがって、管理費・共益費の金額の多さなどを気にする必要は全くないのが現状です。※あくまでの賃貸での話になります。

では、管理費や共益費の意味は?

では、実際に管理費や共益費はどんな意味を持つのでしょうか?実際に家賃15万円の物件と家賃13万円+管理費2万円の物件を比較してみましょう。結局、毎月支払う金額は15万円ですが管理費2万円の違いは初期費用などで大きく出ます。敷金と礼金1ヶ月の物件だった場合、前者は敷金15万円+礼金15万円+仲介手数料15万円=45万円となります。後者は敷金13万円+礼金13万円+仲介手数料13万円=39万円となります。その差額は、6万円となります。このように、管理費の金額は初期費用の金額に大きな違いをもたらせます。また、大家が管理会社や仲介会社に支払う謝礼も基本は家賃に基づいて計算しますから、家賃が高い方が金額が高くなるのです。 このように、賃貸の場合の管理費や共益費は、入居者目線で設定されている事は無く、あくまでも不動産屋や大家の目線で設定されている事がほとんどです。したがって、繰り返しになりますが、部屋探しの際は管理費や共益費を物件のクオリティと結び付けて考える必要は一切ありませんので、合計金額を基に物件の良しあしを判断するようにしましょう。

お問合せ