リブスター不動産 > リブスター不動産の豆知識 >保証金には種類がある?敷金と異なる保証金の扱いを解説!
理念

敷金と保証金の違いとは!?

関西では敷金の事を主に保証金という言い方をするようですが、関東では敷金と保証金の性質は大きく異なります。敷金は大家に入居者から一時的に預けておく、いわば貯金のような存在です。退去の際に大きな修繕が必要で入居者側にお金が無かったり夜逃げされても、問題無いように大家は敷金を預かっておきます。何事もなく入居者が退去した場合は、原状回復費を差し引いた残りの敷金は全額返金されます。
一方保証金は返却されて無い事が前提となっている預け金になります。賃貸契約書などを確認すると退去時償却という文言が入っているはずです。当然、原状回復を行う為のお金となりますので、原状回復費用が保証金の金額で収まっている場合は別途支払いをする必要はありません。
保証金は明らかに入居者側にデメリットになりますので、保証金を支払いする物件は不利だという事を覚えておきましょう。

注意するべき保証金

保証金の中には礼金のような性質を持つ非常に紛らわしいものがあります。保証金を支払う物件に入居を考えている方は、必ず賃貸契約書を細かく確認してください。そして万が一、保証金は契約時全償却という文言があった場合は要注意です。契約時全償却とは、すなわち原状回復費などに保証金を充当する事なく、入居した瞬間に大家の懐に保証金を納めますという意味になります。名目は保証金という名前ですが、実態は礼金と同じ扱いになります。関西から引っ越しをしてきた方などは、特に保証金を敷金という認識がありますので、まさか礼金のような扱いをされるとは夢にも思っていません。保証金の物件では、そういったトラブルなども頻繁にありますので、契約する際は、必ず償却のタイミングについてしっかり確認をしておきましょう。

お問合せ