リブスター不動産 > リブスター不動産の豆知識 > 繁忙期の2月・3月の時期的な特徴は?繁忙期に引っ越しする方が注意する事。
理念

不動産の繁忙期

賃貸メンイの不動産屋の繁忙期は2月〜3月になります。この時期は新社会人・新入生・転勤などで住居の移動がかなり多い時期になります。この時期に部屋を探す方が注意すべき点やこの時期の特徴などを解説します。

繁忙期と言われるこの時期はとにかく多くの方が部屋を探していますので、物件の取り合いになります。条件の良い物件や割安な物件はどんどん申込が入りますので、ゆっくり部屋を探している暇はありません。

不動産屋は来店するお客様の数が通常の2〜3倍ほどになりますので、常に人手不足で忙しい時期になります。したがってこの時期に厳しめの条件で部屋を探したいなどと依頼をしても、無視されてしまう事が多いでしょう。

大家にとっては大チャンスの時期になります。よっぽど条件の悪い物件でない限りは、空室であれば入居者が決まる事が多いですから、通常の時期よりも少し家賃を上げたり、本来は礼金0にしている物件を礼金1カ月にしてみたりと、強気な条件に設定してくる事が多いです。

繁忙期に引っ越しする際の注意点

上記の特徴を踏まえて、繁忙期に効率良く部屋を探す方法をお伝えします。 まず、目星の物件を見つけたらすぐに内見に行きましょう。この時期は良い物件であれば募集されて2〜3日程度で申込が入る事がざらにありますので、良いなと思ったらすぐに内見に行き、問題無ければ迷わず申込をしましょう。万が一、申込後にかなり条件の良い物件が出てきた場合は、申込をキャンセルする事も出来ますので、何よりも申込を行う事が大事です。

次に、理想を求めすぎない事です。家賃や間取り、環境など希望条件はたくさんあると思いますが、この時期に部屋を見つける必要があるなら、ある程度の妥協は必要です。完璧な物件を見つけるために、悩んでいる間にどんどん良い物件が無くなっていきますから、結果的には時間が立つほど良い物件が見つかりにくくなります。特に土日は多くの方が時間を使って内見や申込を行う事が出来ますので、物件が無くなりやすい曜日になります。平日に良さそうな物件が見つかったら、土日を挟まずに申込をしておきましょう。また、どうしても物件に妥協出来ないという方は、引越しの時期を変えてみるのも手だと思います。

以上、繁忙期はとにかく条件を少し緩めに設定して、妥協する事を前提に部屋探しをする事をオススメします。

お問合せ