リブスター不動産 > リブスター不動産の豆知識 >マンションとアパートの違いとは?徹底比較
理念

アパートとマンションの構造の違いを知ろう

まずは、ご存知の方も多いかとは思いますが、アパートとマンションの構造の違いについて説明します。まずアパートの作りは軽量鉄骨・木造・ALCなどで造られている建物の事を言います。マンションは鉄筋コンクリート・鉄骨造・SRC造の建物の事を指します。不動産の図面を確認してみると必ず構造が記載されていますので、そこを確認してみると良いでしょう。

アパートとマンションはどう違うのか?

アパートとマンションは構造上は大きく異なりますが、性能上では防音性の一点のみに違いがあると考えても問題ありません。稀にアパートは寒くて暑いなどと言われますが、最近ではエアコン設備が充実していますので、寒さや暑さをマンションと比較して感じる事は少ないです。では、その気になる防音性ですが物件によっても多少は差がありますが基本的には隣の部屋で大きな話声などがするとはっきり聞こえるレベルです。ファミリー世帯のアパートなどでは、どうしても隣の部屋の赤ちゃんの泣き声が夜気になっりする事でトラブルもありますので、気になる方はなるべくマンションタイプに引っ越しをしましょう。

総合的にどちらが良いのか

マンションとアパートでは、性能的にはどうしてもマンションが勝りますので、オススメできるのはマンションになりますが、家賃がアパートよりも高くなっています。例えば池袋駅徒歩10分で物件を探すとします。家賃8万円の単身物件を探すと、マンションだと築年数15年前後でバストレイ別の20u前後の物件になりますが、アパートだと平米数25u前後の築年数10年前後、独立洗面台付きの物件に住む事が出来ます。マンションとアパートでは、同じ家賃を出して探しても大幅に設備と築年数に差が出てしまうのです。アパートは防音性という点だけがネックになりますが、それを除いて物件設備の性能を求める場合は明らかにアパートの方が良いです。そういった意味では、アパートとマンションは一長一短になりますので、自分の希望条件を踏まえた上で、じっくり検討しましょう。

お問合せ