リブスター不動産 > リブスター不動産の豆知識 >メゾネットタイプは使いやすいのか?メゾネットのメリットとデメリット!
理念

メゾネットタイプとは

メゾネットタイプは、一室の中が1階部分と2階部分に分かれている構造の事を言います。当然、通常の部屋よりも広く空間を利用できるため、人気のある形となります。よくロフトタイプと勘違いされますが、ロフトとメゾネットは建築基準法によって明確に分けられています。法律の話をすると長くなっていしまいますので、ここでは割愛させていただきます。簡単に言うと、ロフトとは室内としての機能(エアコン・テレビ・電話の配線など)はありません。ただメゾネットはその空間を居室として利用する事が出来ますので、メゾネットタイプの物件は1人暮らしというよりは、カップルやルームシェアなどに適しています。

今人気のメゾネットタイプ

最近では、テレビなどの影響からルームシェアが人気となっており、メゾネットタイプなどルームシェアとして利用しやすい賃貸物件が非常に人気となっています。中でもデザイナーズのメゾネット物件は新婚・カップル・友達同士での入居希望の方から大人気で、立地と物件設備が良いものはなかなか空きが出ない状態となっています。残念な事に人気ゆえにメゾネットタイプの賃貸物件は家賃が高い傾向にあります。また、数が少ない為、条件の良いメゾネットタイプの競争率は高く、必死に探したとしてもなかなかお目当ての物件に巡り合う事が出来ないでしょう。

メゾネットタイプのデメリットは?

人気のメゾネットタイプですが、実際に住んでみると少し不便な点もあります。基本的にメゾネットの場合は、上階と下階の空間は繋がっています。その為、エアコンなどが一つしか設置されていない場合は特にそうですが、上と下の空間で温度差がかなり出てしまいます。ロフトなどで生活した事がある方はご存知かもしれませんが、上の空間は熱気がこもりやすい為、夏場は蒸し暑い事があります。エアコンを入れても、冷気は下にいきますのでどうしても快適な温度になりにくいのです。また、逆に冬場は下の空間が寒くなり易く温まりにくいです。このように温度の調整が難しいというデメリットがあります。また、メゾネットタイプの間取りによりますが、どうしてもレイアウト変更が階段がある為に大変になります。また、小さいお子様などがいる夫婦の場合では、危険も伴いますので注意が必要になります。

メゾネットタイプはオシャレで一度は住んでみたいと思う方も多いと思います。メゾネットタイプを探す際は、デメリットもしっかり把握した上で部屋探しをしましょう。

お問合せ