リブスター不動産 > リブスター不動産の豆知識 >スーモやアットホームなど賃貸物件サイトの上手な活用術!
理念

不動産屋へ来店する時代は終わった?

これから部屋探しをする方は、まずスマートフォンで住みたいエリアの物件を検索するのではないでしょうか?ひと昔前のネットがまだまだ使い物にならなかった時代は、物件を探そうと思うと募集物件が載っている雑誌を見たり、不動産屋へ来店して物件を紹介してもらっていました。現在では、みながネットで物件を探すようになっています。そして、不動産屋もその事をよく理解していますのでスーモやアットホームとった賃貸物件サイトにこぞって物件を掲載しています。結果、現在募集されている物件のほとんどがネット上に掲載されている為、不動産店舗で紹介できる物件数とネットに掲載されている物件数の差が徐々に無くなってきています。いつの日か、全ての募集物件がネットに掲載される時代が来れば、もはや来店して不動産屋で物件を探す必要が無くなるはずです。

ネットの募集物件が多い理由

どの不動産屋に行っても言われる事があります。それは「弊社は募集されている物件であれば、ほぼすべての物件をご紹介できます。インターネット上の物件も例外ではありません」と。ただ、実際に物件紹介をしてもらうとネットで掲載されている物件数よりもはるかに少ない数しか紹介してくれません。理由は、ネット上に掲載されている物件は、現在募集中でない物件も片っ端から掲載されているからです。ネットで希望条件で探すと50件あったけど、不動産屋に行って紹介してもらうと5件しか無いと言われた!なんて事はざらにあります。本来は、募集されていない空室ありとネット掲載する事はNGですが、何百とある物件を毎日更新する事は不可能なので、どうしても掲載されている物件は最新情報のものでは無いのです。

結局、賃貸募集サイトで探しても意味が無い!?

すでにお伝えした通り、基本的に募集されている物件はネットにも掲載されている事がほとんどです。すなわち不動産屋へわざわざ行かなくても、スーモ・ホームズ・アットホームなどなどの賃貸物件サイトを全て巡回すれば、募集物件の情報はほとんど入手する事が出来ます。しかし、実際に募集されているかどうかを知るには不動産屋へ毎回確認する必要があります。仮に気になる物件を全て不動産屋へ問合せしても、募集されているかどうかに関わらず、99%の不動産屋が「募集中なので来店して下さい!」と、来店を促してきます。これは非常にメンドクサイ事です。結局、賃貸募集サイトをどれだけ探しても、不動産屋がウソをつく限り意味が無いのです。

賃貸募集サイトの上手な活用術

では、物件募集サイトは見る意味が無いのかというと、そうではありません。実は非常に便利な活用方法があるのです。それは、賃貸物件サイトの新着物件だけに注目するという方法です。物件サイトには募集されていない物件が多数掲載されているとお伝えしましたが、はじめから募集されていない物件を掲載する事はどの不動産会社もしません。逆にその行為が発覚すると、その不動産会社にはかなり重いペナルティが与えられます。したがって物件募集サイトに掲載されている新着物件は、募集中である可能性が極めて高いのです。また、新着物件は多くの方が見ていない物件なので、すごい条件が良い物件なども頻繁に見つける事ができるのです。おそらくどこの不動産屋に行っても、賃貸物件サイトはあまりあてにならないと言われると思いますが、新着物件だけに絞る事でかなり効率的に良い物件を知る事が出来るのです。今、部屋探しをされている方は是非活用してみてください。

お問合せ