リブスター不動産 > リブスター不動産の豆知識 >必見!インターネット上にあるおとり物件を見抜く方法!
理念

おとり物件とは?

部屋探しを始めると一度は耳にするオトリ物件ですが、実際にオトリ物件とはどういったものなのでしょうあk?そもそもオトリ物件と言っても、最初から募集のかかっていない部屋が使われている事ケースは少ないです。基本的にホームページや店舗のショーケースなどに物件を掲載する際には、空室確認を行います。そして募集がかかっている物件のみを掲載する訳です。ただ、その物件が良い物件であるほど、すぐに募集は終了してしまいます。例えば、A不動産屋がホームページに物件を掲載したその日にB不動産屋が来店した客にその物件を紹介して申込が入るなんてことはざらにあります。A不動産は掲載しているすべての物件の空室確認を毎日行うのは大変ですから、次に空室確認を行うまで掲載を辞める事はありません。そうすると結果的には、募集されていないけれども掲載されているオトリ物件になるのです。

なぜオトリ物件と言われるのか?

募集されていない物件=オトリ物件というのは普通に考えるとおかしな話です。募集されていないなら、募集が終わった物件という扱いになるはずです。しかし、残念な事に募集が終了した物件に問い合わせがあった場合、素直に募集が終了しましたと答える不動産屋はまず存在しません。必ず募集されているから来店してくださいと来店を促してきます。すなわちオトリ物件というよりも、不動産屋が嘘をつく事でオトリ物件となってしまっていると言った方が正しいかもしれません。そして、問い合わせがあった物件が募集終了になっていた場合に、素直に物件掲載を辞めるかというと、残念ながら掲載を取りやめる事はしません。むしろ反響が取れる広告となりますので、なるべく長くその物件を掲載しようとします。不動産業界に対してあまり良い印象がないのは、こういった裏でグレーな事を行っている実態があるからだと思います。

本当に募集されている物件かどうかを確認する方法!

募集されていない部屋でも募集されていると言われるため、本当に物件が空室かどうかを知るすべはないと思われがちですが、実は非常に有効な方法が存在ます。募集が終了している物件は実際に内見する事ができないので、物件の問い合わせを行った際に内見を希望すると良いです。ただ注意が必要なのは、店舗に来店してしまうと、いろいろ理由をつけて内見させてくれないですから、必ず現地待ち合わせで内見させてくださいと言いましょう。おそらく募集されていない物件の場合は、いろいろ理由をつけて断ってくるはずです。この方法はほぼ100%オトリ物件を見抜く事が出来る方法になりますので、皆さんもネットで物件を探す時には是非この方法を利用してみてください。

お問合せ