リブスター不動産 > リブスター不動産の豆知識 > 無職でも審査を通す方法があるのか?
理念

社会的に認められている無職は審査に通過する

引越しを機に就職活動を開始したい方や、生活保護の方などで現在無職という方が引っ越しをしたいという場合に、入居審査に通過する事が出来るのか? 今回はそういった疑問にお答えしたいと思います。

まず、前提として家賃の支払い能力のない方(無職の方)は審査に通過する事はありません。 しかし、いくつか例外があります。
・新入生の方
・内定の決まっている、現在無職の方
上記に該当する方は本人に支払い能力がない場合でも審査に通過する事があります。

無職でも審査に通過する方法とは

しかし上記の例外を除く無職の方は審査に通過する事が難しいのが現状です。 ただ、いくつか審査に通過する為の手段がありますので、今回はそちらをいくつかご紹介したいと思います。
一つ目、預金通帳に家賃の2年分程度の蓄えがある場合。
このケースは、殆どの場合は門前払いですが、中には相談にのってくれる大家もいますので、一度交渉してみる価値があります。

二つ目は、連帯保証人になってくれる方がかなりの経済力がある場合。
例えば親が大企業の重役で仕送りを毎月かなりもらっている事を証明できれば交渉の余地があります。

三つ目は、デポジット型の賃貸契約(先払い方式のマンスリー契約)の物件の場合。
先に住む期間の家賃を支払いする事で入居審査がほぼ無く入居する事が出来ます。

以上、無職の方でも審査に通過する可能性があります。 ただ、上記の三つにも該当しない方の場合は、さらに特殊な方法で審査にチャレンジするしかありません。営業マン個別で、審査を通過させるノウハウなどもありますので、現在無職でどうしても審査に通過させてたいという方は、まずリブスター不動産へご相談ください。

お問合せ