リブスター不動産 > リブスター不動産の豆知識 >入居費用5万円以下の激安物件は存在する!?
理念

敷金と礼金が無い物件でも家賃の3ヶ月分の初期費用はかかる!

とにかく入居費用を安くしたいと考えている方は、まず敷金と礼金がかからない物件を探すと思います。ただ、実際に敷金と礼金が無い物件であっても家賃の3ヶ月分ぐらいの費用がかかる事をご存知ない方は非常に多いです。例えば家賃6万円の物件で考え見ましょう。敷金と礼金が無い物件の場合、まずかかる費用が前家賃です。入居日によりまずが基本は1ヶ月分程度必要になります。また、敷金無しの物件は一般的に入居する際にルームクリーニング費用をあずける必要があります。ワンルームだと40000円程度になります。後は、火災保険・鍵交換費用・保証会社保証料などで家賃の1〜1.5ヶ月程度が掛かります。これらを合計すると18万円程度は必要になってしまいます。当然、仲介手数料が無料の場合の話になります。したがって、どれだけ敷金・礼金なしの物件と言っても結局はそれなりの費用が掛かるのです。

入居費用が激安の物件は存在する

ここからはイレギュラーなケースですが、実際に存在する初期費用激安物件の話をご紹介します。 さきほどお伝えした通り、普通の物件だと敷金礼金なしでも初期費用は家賃の3ヶ月分程度必要になります。ただ、まれにキャンペーン物件のようなものが存在ます。そういった物件の場合は家賃に関わらず初期費用が5万円程度で入居する事が可能となります。場合によっては初期費用無料なんて事もあります。こういった物件では基本的に前家賃がフリーレント(家賃無料期間)によって掛かりません。そして保証会社保証料などは大家負担となっており、仲介会社も大家からかなりの手数料がある為、仲介手数料なども無料となっています。また、敷金無しの場合に預けるルームクリーニング費用は退去時清算となります。したがって入居者が必要となる費用は、火災保険・鍵交換費用程度となります。結果的に家賃に関わらず初期費用が5万円程度となるわけです。

どうしてそんなに安いのか?

あまりに初期費用が安い為、不信に思う方も多いはずです。しかし、何か物件に瑕疵的な要素があるから安くなっている事は無く、そのほとんどが大家側の都合になります。こういったキャンペーン物件には、早く入居者を集めたいという大家の思惑があります。その理由のほとんどが、物件を売却する予定があるからです。アパートなどの投資用物件は稼働率が高いほど売却する際の値段が高くなります。したがって多少お金をかけて入居者を集めても、物件が売却出来れば大きなリターンが大家にはあります。こういったキャンペーン物件は2〜3ヶ月に1件程度の割合で出てきますので、どうしても初期費用を安くしたいという方は、狙ってみるもの良いかもしれません。

お問合せ