リブスター不動産 > リブスター不動産の豆知識 >内見は電車と車どっちが良い?
理念

周辺環境をじっくり見るには電車内見が有利

都内への引越しを考えている方の場合、大半の方は職場や学校まで電車での移動になると思います。部屋探しに不動産屋へ行くと物件見学させてくれますが、ほとんどの場合が車での内見となります。車は楽で大変便利ですが、実は駅までの距離や駅から物件までの道のりの周辺環境などを正確に把握でき無いというデメリットがあります。実際に、駅から物件までの道のりが人通りの少ない裏道ばかりだと女性の方などは不安に感じると思います。不動産屋の中には、駅から物件までの道のりをわざわざ見せてくれる場合もありますが、時間もかかりますし実際に車だとよくわからないので、あまり効果的とは言えません。 そういった意味では、電車で内見をすると駅からの実際に歩いた距離感覚や周辺環境をしっかり調べる事が出来ますので、部屋探しには最適な内見方法といえます。

わざわざ歩かなくても周辺環境をバッチリ把握できる方法とは

駅から物件まで歩くという行為は非常に便利ですが、時間と手間もかかり一日に内見できる数もかなり少なくなってしまいます。そういった時に役立つのがグーグルのストリートビューです。実際に道のりを写真で全て調べる事が出来るため、わざわざ駅から歩く必要なく、現地の環境を全て把握する事が可能となっています。また、駅からの徒歩分数や周辺のスーパーやコンビニまでの距離まで全てネットで調べる事が可能です。※稀にグーグルストリートビューで見る事が出来ない道路や建物があります

物件が決まったら必ず下見をしておこう

どれだけグーグルストリートビューで調べることが出来るとはいえ、実際に歩いてみるのと写真で見るのとでは大違いです。また、グーグルの写真は少し古いものが使われている場合もありますので、建物が変わっていたりする事も良くあります。当てにしていたコンビニが実際に行ってみると潰れていたなんて事もあるかもしれません。したがって、どれだけ入念に写真で調べたとしても、物件に申込をして契約する前に一度、周辺環境を見ておくようにしましょう。

お問合せ