リブスター不動産 > リブスター不動産の豆知識 >引越し業者を適当に選んではいけない理由
理念

引越し業者の値段と質はピンキリ

部屋が決まって、いざ引越しとなると引越し業者を選ばなければいけません。引越し業者の方は近年増加傾向にあり、便利屋などの個人も含めるとかなりの数が存在します。そういった中でどういった業者を選ぶのが良いかを今回はご紹介します。
引越し業者には大きく分けて三種類あります。一つ目は大手の引越しセンターです。CMなどでもよく耳にする引越し業者はどれも値段が高くその分クオリティも高いです。
二つ目は、小規模な引越し業者です。大手よりも値段を安くする事で、集客しています。クオリティも大手並みに良いです。
最後の三つ目ですが、赤帽や便利屋などの個人事業主です。個人事業主はクオリティにかなりの差がありますのであたりはずれがあります。どのタイプの引越し業者を選ぶかは、その方のライフスタイルによってことなります。

適切な引っ越し業者を選ぶコツ

先ほどお伝えした通り、引っ越し業者には種類がありますので、自分に合った適切な引っ越し業者を選ぶことが大切です。適切な引っ越し業者を選ぶために抑えておくべきポイントがいくつかありますので、そちらをいくつかご紹介したいと思います。
まず大手の引っ越し業者は引越し料金がかなり高額になりますが、万が一引っ越し中に家具が損傷した場合は、保証してくれるシステムがあります。そういった意味では、ファミリーなどの方で家具や家電などがある程度高額な方に関しては、多少引っ越し料金が高額でも大手の引っ越し業者に依頼することをお勧めします。逆に単身の方は、そこまで高額な家具などがありませんので、大手の高額な引っ越し業者利用する必要はありません。また小規模な引越し業者では、とにかく価格が安い事と柔軟な対応をしてくれるという点では、単身の方などに非常におすすめです。特に二人入居の場合などでも、荷物が少なければ単身用の料金などで対応してくれることもあります。また引っ越しのクオリティもそれなりに高いので、最もおすすめできるのが、大手ではない小規模な引っ越し業者になります。最後にほとんど荷物がなく、ちょっとした冷蔵庫や洗濯機ぐらいの搬入を検討している方は、赤帽などの個人に頼むがおすすめです。ちょっとしたアルバイト程度の料金で手伝いをしてくれますので、友人に頼むのと変わらない感覚で利用することができます。

引越し業者の選び方ひとつでも、かなり金額の差が出てしまいますので、しっかり吟味してから業者を選ぶようにしましょう。

お問合せ