リブスター不動産 > リブスター不動産の豆知識 >賃貸営業マンってどんな仕事してるの?part2
理念

賃貸営業マンの給料は高いのか?安いのか?

前回のコラムで記載したように、賃貸営業マンはかなりのハードワークを日々こなしています。休みも少なく日々の業務量も膨大です。では給与はどれほどのものなのでしょうか?前回に引き続き、今回も賃貸営業マンについてご紹介したいと思います。営業の仕事はどんな仕事でも同じですが、やはり人それぞれの能力によって給与がかなり変動してしまいます。理由は歩合という要素が大きいからです。賃貸の営業マンがハードワークの中でも仕事を頑張れる理由の一つに歩合という要素が大きいのは間違いありません。営業をして、売り上げが上がればそれに応じて給与が変動しますので、かなり稼いでいる方では年収1000万円を超えている方もいます。逆に成績の上がらない営業マンでは、新卒のサラリーマンと同程度の給料の方も多いはずです。店長などの役職がつく事で、歩合とは関係がなく給料水準が高くなりますが、それでも店舗の売り上げを反映した歩合システムは役職のついている方にも反映されているのです。そういった意味では、不動産営業は完全な成果主義の世界になるので、力のある方には稼ぐチャンスのある世界といえます。

人の入れ替わりの激しい業界

不動産営業はどんな方でも簡単に始める事ができる職業なので、スタートする際の敷居はかなり低いですが、実際に長く続けていくには相応の実力が必要になります。簡単に始める事ができる仕事なので、多くの方が就業しますが厳しい現実を知りやめていく方も多く、かなり入れ替わりの激しい業界です。不動産業界は少しグレーなイメージが強く、信用できない印象があると言われる方が多いですが、理由は成績が上がらない営業マンが強引な営業や礼金の上乗せや嘘をつくようなトークで営業を行う事が実際によくありますので、実際にそういった悪質な営業が多いのも事実です。しかし、本当に不動産業界で実績を上げて長年の経験がある方は、営業マンとしても社会人としても優秀な方が多く、そういう方に部屋探しをしてもらえるようにする事が、部屋探しをする上では最も重要なポイントとなっています。物件に重きをおいて部屋探しを行う事も重要ですが、それよりもはるかに重要なのはどんな営業マンに部屋探しをしてもらうかという事です。これから部屋探しをスタートする方は、ぜひ部屋探しではなく、信頼のできる営業マンを探す事からスタートしてみてください。

お問合せ