リブスター不動産 > リブスター不動産の豆知識 >室内での喫煙は絶対に避けるべき理由!
理念

軽く喫煙する程度であれば、バレないと考えてませんか?

室内での喫煙は、後々退去の際に高額な費用が必要になる事は、多くの方がご存知だと思います。実際に部屋探しに来た方も、室内での喫煙は原状回復費が高額になることを知っている方がほとんどです。しかし、実際に多くの方が室内での喫煙により原状回復費を請求されているケースが多いです。なぜ、室内での喫煙はダメだと分かっていも、喫煙してしまうのでしょうか?それは少しの喫煙であれば、退去の際にばれないと思って吸ってしまっている方がかなり多いからだそうです。実際に、喫煙すると原状回復費が高額になるので、ほとんどの方は喫煙しないように注意してるようですが、ばれない程度には喫煙しているようです。しかし、そのばれない程度というのに問題があるようです。退去立ち合いを行う原状回復の担当者は、かなりの退去物件を見てきてますので、わずかな喫煙の形跡も見逃す事がありません。室内の臭いを完全に消したとしても、ヤニはうっすらと残るものです。基本的には換気を一切行わない状態で数回喫煙すると、退去の際に喫煙がばれると考えましょう。それほどまでに、シビアにチェックされますので、中途半端に喫煙する事は避け、完璧に禁煙にするか原状回復覚悟で室内で喫煙するかどちらかにしましょう。

上手く室内で喫煙する方法はあるのか?

よくお客様の中には、換気扇の下でなら喫煙しても問題無いでしょうか?という質問をされる方がいます。当然退去立ち合いの際は、換気扇付近も入念にチェックしますので、換気扇の下で喫煙していた場合、室内でも喫煙していた可能性が高いと判断されて、部屋全体にクリーニングが入ってしまうケースが多いです。窓を開けての喫煙や、換気を完璧にした状態での喫煙など、とにかくいろいろな工夫をする事でわざわざ外に出ないで喫煙する方法を試している方も多いようですが、どれも無意味です。常習的に喫煙を行えば退去の際には喫煙がばれると覚悟する必要があります。したがって、結果から言うと、玄関のドアを一歩でも入った状態での喫煙は避けるべきです。もしくは原状回復費を覚悟して喫煙するようにしましょう。

お問合せ