リブスター不動産 > リブスター不動産の豆知識 >池袋の不動産屋が西武池袋線沿いの物件をおすすめする訳!
理念

池袋駅まで通うならどの路線を利用するのが良いのか?

池袋駅に会社や学校があり通勤や通学をする方は、池袋駅まで直通の沿線沿いに住む事が非常に多いです。池袋駅はターミナル駅となっている為、非常に複数の路線が通っています。副都心・山手線・東武東上線・西武池袋線・埼京線などなど、かなりの数の沿線があります。実際に通学通勤をする場合は、乗り換えなしで探しますので、先程の沿線の中から良い地域を選んで住む事になります。どの路線も特徴がありますので、実際にどれが一番良いという事は言えませんが、極端に朝の通勤ラッシュが大変な埼京線や家賃相場が圧倒的に高い山手線などは、避ける方が多いでしょう。結局は東武東上線・西武池袋線・副都心線(有楽町線)という三路線から選ぶ方がほとんどとなります。実際にこの三路線の中では、どの路線でも良し悪しがありますので優劣が付けづらい部分ではあります。

絶対ではないが、西武池袋線がオススメな理由

上記のように、西武池袋線・副都心線・東武東上線と三つの沿線はどれも似たり寄ったりで、池袋に通学する場合には大変便利な路線となっています。その中でもそれぞれに特徴と良し悪しがありますので少しご紹介します。まず、この三路線の中で最も家賃が高いのは副都心線(有楽町線)となっています。副都心線と有楽町線は池袋が終電駅では無く、横浜や有楽町まで続いていますので、他の沿線より利用者が多く相場が高くなっています。立地の便利さなどはあまり変わりありませんので、池袋駅が目的の駅の方は副都心線や有楽町線を避けた方が経済的です。次に東武東上線ですが、この沿線はこの三つの路線の中で最も相場が安くなっています。理由はそれぞれの駅の便利さが理由です。東武東上線でも人気の東武練馬・下赤塚・成増付近は大変便利な立地ではありますが、残念ながら坂道が多く避けたいという方も多い地域です。また、それより奥の朝霞、志木、川越付近は便利なのですが、西武池袋線の所沢・ひばりが丘・小手指などと比べる少し便利さ劣ってしまいます。そういった意味では、賃料の相場や立地の便利さなどを総合的に考慮すると西武池袋線が最もバランスが良くオススメできる沿線となるのです。また西武池袋線は電車が止まりにくい事で有名ですので、少々の雪や雨などでは普通に運行しています。以上のように三つの沿線沿いでどれも甲乙つけがたいですが、よ〜く調べて比べてみると優劣を付ける事が出来ます。是非、池袋駅に勤務通学の方は西武池袋線をご利用ください。

お問合せ