リブスター不動産 > リブスター不動産の豆知識 >楽器相談物件は楽器使用不可!?楽器物件の本当の話!
理念

楽器可能物件に期待をしてはいけない

音大にこれから入学予定の方や職業柄楽器の演奏を自宅で行いたい方、歌手志望で室内での声楽練習をしたい方など、多くの方が楽器可能物件を探しに相談に来店されます。 しかし、先に事実からお伝えすると、いわゆる一般的な楽器可能物件に入居しても、声楽・楽器の演奏などの許可がされる事はほぼありません。分譲賃貸マンションなどでは、 区分所有となっている為に、部屋の所有者が賃貸の募集条件の幅を広げるために楽器相談可などと記載する事が多く、インターネットなどで物件を検索すると楽器相談可という 文言を見かける事も多いと主ます。しかし実際に物件に申込をしてみる審査の段階ではじかれてしまう事が殆どなのです。理由は区分所有者は室内の使用権がありますが、マンション 全体の使用に関する管理規約の中には、周囲への騒音などはNGとなっている為です。また、一棟オーナーの物件で楽器相談可という記載の物件もありますが、実際にトランペット・ギター・ピアノ・声楽などは室内で原則NGとなっている物件がほとんどで、物件の担当者ベースでたぶん大丈夫というような話があっても申込をすると断られてしまう事が殆どなのです。

本当に楽器演奏可能な物件とは

殆どの楽器演奏可能物件が演奏不可となると、本当に楽器演奏できる物件はどういった物件なのでしょうか?実際の話では、都内などの物件密集地で楽器演奏ができる物件はほとんど存在しないというのが実態です。ただ、まれに防音仕様の楽器演奏可能物件が存在しますが、数はかなり少なく実際に賃料や部屋の条件などは希望に合わない事がほとんどです。そういった意味では楽器の演奏などをする場合は、スタジオや専用のスペースをレンタルして行う方が経済的にはお得になる事が殆どです。当然、ピアノであっても電子ピアノで音が出ないタイプなどは演奏可能な物件も複数存在しますので、実際はどういった楽器を演奏するかによりますが、トランペットやピアノ・声楽・ギターなどの楽器は演奏不可であると考える方が、スムーズにお部屋探しが出来るはずです。 。

お問合せ