リブスター不動産 > リブスター不動産の豆知識 >一番審査が厳しい保証会社はどこ?
理念

リクルートフォレントインシュアは鉄壁の要塞

賃貸の入居審査を行う保証会社は複数存在しますが、それぞれ会社ごとに審査の厳しさが異なります。基本的には信販系の保証会社は審査が厳しく、信販系以外の独立系の保証会社は審査がゆるい傾向にあります。そもそも保証会社が審査を行う場合に、その個人を審査する基準としてわかりやすいのが個人信用情報機関などのデーターになるため、そういったデーターを参考にしない保証会社では、その方の収入や勤務先程度しか判断する材料がありません。収入は家賃の三倍以上あればよっぽどの理由がない限り、審査に落とされる事はありませんので、そういった意味では信販系以外の保証会社では審査がどれも同じような水準で行われ、ゆるい内容となるのです。しかし、信販系の保証会社の中には、さらに独自の審査基準を持ち、厳しく対象者を判断する会社があります。それが、リクルートやSBIなどの保証会社です。これらの保証会社の中で最も審査が厳しいのがリクルートと言われています。

リクルートの保証会社を利用する場合に知っておくべきこと

では、実際にリクルートの保証会社はどれほど厳しいのでしょうか?まず、他の保証会社と異なるのが、申込の段階で収入証明書が必要になります。また、信販系の保証会社ではないにも関わらる個人信用情報も参考に審査を行います。したがって、そもそも収入証明がしっかり提出できない方は審査の土俵にすら上がることができません。源泉徴収などの厳密な収入証明を準備しましょう。そして、過去にクレジットカードで滞納があったり、現在何かのローンの金額を滞納したりと、金融系で何か履歴のある方はまず審査に通過することはありません。そして、リクルートは特殊で、過去に保証会社を利用して家賃の滞納履歴などが目立つ方も審査に通過しない事が多いです。また、よくあるアリバイ会社と言われるダミーの勤務先を使った審査もことごとくはじかれてしまいます。そういった意味では、リクルートは大変厳しい審査基準を持っています。何か心当たりのある方は、別の保証会社を利用できないか、またできない場合は別の物件候補も準備しておきましょう。

お問合せ