リブスター不動産 > リブスター不動産の豆知識 > フリーレントで初期費用を大幅に安くする方法!
理念

フリーレントとは

物件資料などを見ると「フリーレント1ヶ月付」という文言が記載されているものがあります。あれは家賃が一ヶ月無料になる事を意味します。フリーレントは入居者を早く集めたい場合に良く利用されるキャンペーンになります。線路横の物件や、メンテナンス状態の悪い物件など少しでメリットの目立つ物件には良くフリーレント付になっている事が多いです。また3月〜4月などの繁忙期に、絶対に入居者を付けたい場合などにも利用される事があります。

フリーレントを利用して初期費用を安くしよう

フリーレント付きの物件は家賃が一ヶ月間無料になる点が有り難いのは勿論ですが、上手く利用すると初期費用を大幅に安くする事が出来ます。特に敷金、礼金が無い物件などでは、初期費用が10万円以内で収まる事も珍しくありません。初期費用が安くなる理由ですが、賃貸契約の初期費用の内訳を見てみると、前払い家賃という項目があります。賃貸では家賃が前払いになりますので、入居する前に先に家賃を支払いする必要があります。目安は賃料の一ヶ月分程度を先に支払う事になります。

ここで、フリーレント付の物件であれば前払い家賃をフリーレントで相殺する事で、前払い家賃を実質無料にする事が出来ます。賃料が7万円の場合は、初期費用が約7万円程度安くなります。家賃一ヶ月分の非常に魅力的な話です。

また、フリーレントがついていない物件であっても、フリーレントの交渉をする事で半月分や10日分などをサービスでつけてくれる事もあります。礼金交渉などに比べると非常に成功率の高い交渉になります。

したがって、賃貸で初期費用を安くしたい場合は、まずフリーレント交渉を行ってみましょう。

お問合せ